重要なお知らせエリアを非表示

2022/07/02 18:20

数年前から、悩まされていること。

書くか迷いましたが、スタッフに背中を押されて、私の気持ちを初めて文章にするかもしれません。

2015年の12月に天然石パーツの専門店としてお店をスタートして、2016年にinOrganicを立ち上げました。

当初日本ではまだまだ取り扱うお店が少なかったドゥルージーと呼ばれる天然石の結晶を主に取り扱い、
当初は邪道だ!と言われたり、認知が全然なくて全く売れなかったりと、とても苦労しながら続け、気がつけば天然石パーツのお店を始めて7年経ちました。

2016年頃から積極的に展示会にも出店し、Creemaのハンドメイドジャパンフェスやビーズアートショー、素材博覧会など幅広く出展し、そしてオンラインサロンを通じて実際のお客様と会う機会も増え、忙しいながらに充実した日々を過ごしてきました。

最初は作家さんのお手伝いがしたくて、私が前職で長年培ってきたマーケティングやセールスの知識を伝えるセミナーを開催したものの、最終的に、作家さんからどこで仕入れたか知られたく無いから、inOrganicさんで仕入れている事はバレない様にしている...と言われてしまい、
作家さんの心理だと当たり前だけど、当初お店の認知を上げたかった私は、このままじゃ作家さんの迷惑になる...と、そこから作家さん支援をやめて別の方向性を模索し始め...

今度は、個人的にハンドメイドを楽しみたい方に向けて、ハンドメイドの楽しさを伝えて、この天然石パーツだったら可愛いから、ハンドメイドに挑戦してみよう!という気持ちになってもらうためにYouTubeを頑張ってみたり...

パーツ単体ではなく、アクセサリーとしてデザインされたサンプルに購入できますか?というお問合せが増えたことや、去年の10月にたまたま通称”紐のおじさん”からタロットチャームを勧められ、試しにライブ配信で販売してみたところ、反響があったことから占いとアクセサリーのコンセプトに方向性を変えたり

がむしゃらに色んなことに挑戦しながら、本当に少しずつですが認知が上がってファンも増えてきました。

ただ、認知が上がるにつれて、当店に似たようなパーツをお取り扱いするお店が増え始めました。
最初は偶然かな?とあまり気にしていなかったのですが、周りからも言われ始め、そして次々と新作を出すたびに、毎回同じようなものをお取り扱いし始める...

スタッフともよく話しているのですが、何万っていうデザインがこの世の中にある中で、どうして毎回うちのお店でお取り扱いしているものと似ているものをわざわざお取り扱いするのかな?っていう疑問。

自分のお店に対するプライドは無いのかな。

売れるかどうか分からないデザインを、こうやったら可愛い!って一生懸命考えて伝えて、それがお客様に評価されて人気が出たものを簡単に真似されてしまう悔しさ、頑張れば頑張るほど努力すれば努力するほど、虚しさを感じていました。

仕入れ先の中国のパーツ作っているおじちゃん(社長)と、めっちゃ仲良しなので、色々情報が流れてくるのですが、うちでお取り扱いしているデザインでオーダーが入ったと聞いた時は確信犯だったんだって分かって本当に悔しかった。
しかも、似てるとかじゃなくて全く一緒。

今は、占いと天然石をコンセプトにしたブランドに育てようと、前向きな気持ちで挑戦していますが、新しいことを始めようとすると「また真似されるかもしれない...」という想いと不安が頭をよぎります。

弁護士さんに相談した時は、パーツという最少形態だと、丸とか三角とか四角にカンが着いているだけだから、デザイン的に真似を立証するのは難しいと言われてしまいました。
裏を返せば真似される程度のものしか提供できていないのかもしれません。

悔しすぎて本気で病んだ時期もあったけど

世界は広い、そして世の中には可愛いものがたくさん溢れている!
もっともっと高みを目指して、前だけを見つめて走り続けていきたい。

これからも可愛いものをたくさん生み出していこうと努力し続けていくので、inOrganicのファンの方は信じてついて来てほしいです。

いつも応援してくださる皆様の存在が、もうやってても意味ないから辞めちゃおう...という想いを何回も踏みとどまらせてくれました。
心から感謝いたします。ありがとうございます。

Wacaco